気楽なリボ払い

わざわざキャッシングを申し込みしなくても、クレジットカードのリボ払いだとお手軽に現金を手元に残せます。
利率は高めですけど、WEBページでリボ払いに変更すればいいだけですからね。
まあ、現金がない場合は、クレジットカードのキャッシング機能を利用する手もあります。
少額であれば、こういった利用方法でもよいのではないでしょうか。

主婦でも気軽にキャッシングが利用できる

家計を預かる主婦でもお金が必要になることはあります。冠婚葬祭や主婦仲間との食事会や子供の急病やショッピングや生活費に至るまで、生活上様々な場面でお金が必要になります。こういうときにはキャッシングが便利です。お金が必要なときにすぐに借入することができるので、イザというときに本当に助かります。
主婦がキャッシングを利用する場合、収入の有無が問題となります。最近はほとんどの主婦がパートやアルバイトなどをして一定の収入を得ています。キャッシング審査の基本条件は20歳以上69歳以下で本人に安定した固定収入があることです。なのでパート主婦で安定収入があれば、キャッシング利用が可能となります。
一方専業主婦の場合は本人に収入がないので、消費者金融系のキャッシングを利用することはできません。でも諦める必要はありません。専業主婦でも銀行カードローンを利用することは可能です。それは銀行カードローンが総量規制の適用外なので、本人に収入のない専業主婦でもカードを作ることができるのです。
しかも申込の際に夫の収入証明や同意書などは必要ありません。主婦の本人確認書として免許証や保険証などが1枚あれば契約ができるのです。従って夫に内緒で銀行カードローンが使えます。このように主婦でも条件に合わせてキャッシングを利用することができるわけです。