キャッシングは大は小を兼ねるのか

「大は小を兼ねる」という諺があります。それは果たしてキャッシングにも当てはまるのでしょうか。つまり、お金に困って幾らか借り入れがしたくなった時、とりあえずは大きめの金額を借りておけば大丈夫なのか、ということです。確かに大きめの金額を借り入れておくなら、お金が足りないという問題は確実に解決できるでしょう。しかし金額が大きくなればなるほど、その後の返済は大変になってしまいます。それを思うと借り入れ金額は、必ずしも大きめが良いとは限らないとも考えられます。結局、借り入れ金額を幾らにするのかは本人の自由です。その金額は自分で決めれば良いのです。しかし、その金額が幾らであろうとも、返済のことは決して忘れてはいけないのです。

キャッシングは少ない金額を借りるように心がける

 キャッシングでお金を借りるときには、なるべく少ない金額を借りるように心がけなければなりません。なぜならば、金額が少なければ少ないほど、払う利息も少なくなるからです。 どんぶり勘定でお金の管理がいい加減な人は、少し多めにキャッシングをしてしまうのかもしれませんが、お金はあると使ってしまいますから、適当にキャッシングするのはよくないことです。 少しくらい多めにキャッシングしたらかといって返済ができなくなってしまうわけではありませんが、そういうクセをつけると後悔しかねませんので、少ない金額を借りるように心がけるべきです。 

骨折したときに助かったこと

数年前ですが、自宅でシャワーを浴びているときに転んで腕の骨を折ったことがあります。転んだときには簡単に手をついて受け身をしたつもりだったのですが、手をついた角度が悪くてそのまま体で押しつぶして折れてしまったのです。完全にプライベートの私の不注意なので、会社の労災は下りませんでした。なので、毎日生活費が少ない状態でやりくりしていたのに、病院の手術費用まで捻出できなかったのです。その時に、キャッシング会社で借り入れをしましたが、事情を説明するとすぐに融資してくれたのです。ピンチの時に手元にお金があるというのは大変助かるサービスだと思いました。