もうこれでキャッシングは最後です

私がキャッシングをしている事が、とうとう両親にばれたのです。ずっと秘密にしておいたのに、隠しておいたのに請求書を見られてしまったのです。私はもう二度とキャッシングができそうにもありません。そして両親ももう私にはお金を渡さないでしょう。だからこれで最後にしようと思います。二度とキャッシングができなくなるので、最後に借りようと思います。これからはお金のない、みじめな日々が続くのです。だから今日を最後にしようと思います。ちゃんと必死で働けば良かったです。たるんでいたから、こんな事になってしまったのです。好き放題キャッシングしてばれてしまったのです。でもこれで良かったのかもしれません。こうでもしないと、私はキャッシングをやめれなかったでしょう。これで良かったのです。

小さなキャッシング会社は心配なのか

キャッシング会社選びにおいては、よく「無名の小さなキャッシング会社では闇金かも知れないので心配」という意見を耳にすることがあります。確かにその心配はあると言えます。しかしその一方で、小さなキャッシング会社でも、大手に負けない良質のサービスを提供しているところも間違いなくあるのです。ですから無名とか規模が小さいというだけで、その会社を毛嫌いするのもどうかと思います。その会社が健全な正規の業者であるかどうかは、金融庁のホームページなどである程度調べることができます。どうせキャッシングを利用するなら、できるだけ質の高い業者を利用したいと思うのが人情です。調べるのは少し面倒に感じるかもしれませんが、良質なキャッシングを利用するためには手間暇を惜しんではなりません。

キャッシングは大は小を兼ねるのか

「大は小を兼ねる」という諺があります。それは果たしてキャッシングにも当てはまるのでしょうか。つまり、お金に困って幾らか借り入れがしたくなった時、とりあえずは大きめの金額を借りておけば大丈夫なのか、ということです。確かに大きめの金額を借り入れておくなら、お金が足りないという問題は確実に解決できるでしょう。しかし金額が大きくなればなるほど、その後の返済は大変になってしまいます。それを思うと借り入れ金額は、必ずしも大きめが良いとは限らないとも考えられます。結局、借り入れ金額を幾らにするのかは本人の自由です。その金額は自分で決めれば良いのです。しかし、その金額が幾らであろうとも、返済のことは決して忘れてはいけないのです。

キャッシングは少ない金額を借りるように心がける

 キャッシングでお金を借りるときには、なるべく少ない金額を借りるように心がけなければなりません。なぜならば、金額が少なければ少ないほど、払う利息も少なくなるからです。 どんぶり勘定でお金の管理がいい加減な人は、少し多めにキャッシングをしてしまうのかもしれませんが、お金はあると使ってしまいますから、適当にキャッシングするのはよくないことです。 少しくらい多めにキャッシングしたらかといって返済ができなくなってしまうわけではありませんが、そういうクセをつけると後悔しかねませんので、少ない金額を借りるように心がけるべきです。 

骨折したときに助かったこと

数年前ですが、自宅でシャワーを浴びているときに転んで腕の骨を折ったことがあります。転んだときには簡単に手をついて受け身をしたつもりだったのですが、手をついた角度が悪くてそのまま体で押しつぶして折れてしまったのです。完全にプライベートの私の不注意なので、会社の労災は下りませんでした。なので、毎日生活費が少ない状態でやりくりしていたのに、病院の手術費用まで捻出できなかったのです。その時に、キャッシング会社で借り入れをしましたが、事情を説明するとすぐに融資してくれたのです。ピンチの時に手元にお金があるというのは大変助かるサービスだと思いました。

元金を減らす考え方

最近はキャッシングばかり使って、返済の金額が膨らんでいく傾向にあります。これを回避するために、一端全て返済しようと思ったのです。その為に、私が所有しているお金に換えることができる物も換金することにしました。最も価値があると思えた、デジカメやパソコン類はそれほど良い金額が提示されませんでしたが、とりあえず処分して現金化したのです。そして、コンビニのATMから、キャッシング会社に振込をしたのです。これを何度か繰り返して、キャッシングの元金をどんどん減らしていくことが良い方法となります。この考え方で完済していき、貯金モードに切り替えようと思います。

楽々キャッシング返済

キャッシングで借り入れた金額、100万円を返済中です。毎月返済をするのですが余剰金が出た際には多めに返済をする事で、返済を早め金利を安くしています。毎月返済の義務が生じるために、給料日には返済金額を確保した後、生活費を利用するようにしています。返済はいつでもできるために、お金が入った際にはなるべく早くATMで返済をしています。お金があるとつい使ってしまう性格の自分、返済金額を確保、もしくは早めに返済をしておかないと無駄な事にお金を使い果たしてしまうのです。利用者にとってとても便利なシステムであり、これからも利用をしたいといった気分になります。

月末にはピンチになること

このところ、月末になるといつもお金が足りない状態になっています。なので、どうしてもやりくりできないときにはキャッシングを利用するようにしています。以前に銀行系の金融会社の借り入れの申請をしたことがあるのですが、その時に出し入れを簡単にするためのローンカードを作ってもらったのです。このカードがあれば、私に設定されている利用限度までは自由に使うことができます。いつも生活をしていて貯金をするように心がけていますが、どうしてもお金が回らなくなったときは、ローンカードで回避するというやり方に落ち着いています。

まず返済できるかを考えてからキャッシングを利用する

欲しいものってなかなか手に入れるのには先立つものが無ければ買えませんよね、なのでキャッシングをして買うことをたまにしているのですがキャッシングも使い方次第では便利だと考えています。キャッシングをするにはまずどう返済していくかを考えてから利用するようにしています。欲しい衝動に駆られ何も考えずに買ってしまうと後で後悔します。どう返済していくか、そして返済できる範囲なのかをしっかりと考えてからキャッシングを利用するようにするとキャッシングも使い方次第では本当に便利な方法なんだと理解できるようになると思います。

もう少しお金があればと思った時に利用したいキャッシング

転職して収入が減ってしまった現在、もう少しお金があれば生活が楽になると思うことがあります。例えば月末が近くなると、毎月給料日まで持つかどうか結構ハラハラな状態になることがあります。また突然飲み会が開催される時など、お金が無ければ参加できません。そこでもう少しお金があればと思う訳ですが、ここでキャッシングを利用すれば、お金が無いことで不都合を感じることは減りますし、同僚との付き合いを断ることも無くなります。まだ一度もキャッシングを行っていませんが、今月は本当に金欠なのでキャッシングを利用したいと思っています。